保健師転職TOP>就職10年以内の保健師転職

就職10年以内の保健師転職

就職10年以内の保健師転職についてですが、保健師としての長い経験年数が高く評価される場合が多く、そのメリットを生かした転職先を考えるとよいでしょう。候補の一つとして挙げられるのが、企業や工場で勤務する産業保健師への転職です。大手企業などでは、社員の健康増進と福祉を図るため、企業内検診室や医務室を設置していますが、人気が非常に高く、募集が生じてもすぐになくなってしまう場合が少なくありません。そのため、求人情報に目ざとくある必要がありますが、10年近く保健師の経験を持つ人の場合、他の保健師に比べて採用される可能性も高くなります。産業保健師に求められるのが、実戦でのスキルや経験だからです。保健師経験1年、3年、5年の人に比べて、10年近くの保健師経験を有しているなら、これまで多くの人と向き合ってこられたに違いありません。そのため、たとえば職場でのストレスを抱えている社員へのカウンセリングの際、経験を活かした親身ある対応ができる場合が少なくありませんから、企業側もそのような人材を採用したいと願います。

就職10年以内の保健師転職として、もう一つ視野に入れたいのが学校保健師として勤務するという道です。学校保健師も、求められるのはスキルと経験です。これまで10年近くの保健師経験があるなら、学校における教職員や生徒たちに対するより最適な保健指導、保健福祉プランの作成ができますし、また年齢的な安心感を与えることで、学生たちの信頼も得られます。実際、学校保健師も経験者が求められる場合がほとんどですから、自分の経験を活かす場として最適なフィールドの一つと言えるでしょう。求人募集の情報を調べる際には、私立大学や私立系の小中高校などの求人募集も参考にしてみるとよいでしょう。

就職10年以内の保健師転職を考える場合、産業保健師、行政保健師、学校保健師ともに欠員募集においても有利になることを忘れないようにしましょう。欠員募集の場合、即戦力となる人材を欲しいと採用側も考えますから、これまでの経験とスキルは、面接官の目に十分に留まる可能性があります。さらに、地方自治体では、保健師有資格者のエントリーシステムを設けているところもあり、情報を登録しておくことで、思いがけないところからの求人情報が得られる場合もあります。特に経験の長い人が優先的に採用されることを考えると、しっかりとチェックしておきたい項目の一つ対も言えるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<