保健師転職TOP>就職5年以内の保健師転職

就職5年以内の保健師転職

就職5年以内の保健師転職ですが、これまでの経験とスキルを活かした転職を考えるとよいでしょう。企業での産業保健師の募集の多くは経験者を求めています。産業保健師は、企業で働く従業員の健康管理や診断、診断後のアフターケアやカウンセリング、さらには従業員のメンタルヘルスの向上、社員への健康指導や講演活動などが主な仕事になります。経験者が勤務することで、即戦力になれますから、企業の信頼をしっかりと得ることができるというメリットがあります。加えて、健康増進に関する講演やディスカッションでは、これまでの経験談も交えて話すことができるため、社員からの信頼も得やすいのも事実です。また、保健師自身も、これまでの経験に基づいた健康指導ができますから、落ち着いて業務にあたることができるという側面もあります。

さらに、就職5年以内の保健師転職として、地域包括支援センターでの職員採用でも、保健師経験者が求められている場合が多くあることにも注目できます。地域包括支援センターは地方自治体により設置される機関ですが、民間への委託も多いのが実情です。地域包括支援センターでは、地域の高齢者に対する適切な保健指導や健康維持、増進などの業務に加え、介護ケアプランの作成など、介護と連携した業務が中心となります。そのため、保健師の経験を持つ方であれば、すぐに業務にあたることができ、研修も長い時間をかける必要がないため、適材適所で人員を配置することが可能になります。ですから、就職5年以内の保健師転職という自分の立場とメリットを十分に意識して転職活動をすることが大切です。

加えて、就職5年以内の保健師転職として行政保健師の補充採用や臨時採用などの募集もチェックしておくとよいでしょう。その時に、経験者のみ募集という項目もチェックしておくのは良いことです。行政保健師として採用する都道府県や市町村も経験者を採用することで、実情に合ったサービスを提供したいと考えています。その時に、これまでの保健師経験が生きてきます。面接ではこれまでの自分の保健師としての経歴を、自信をもってアピールするようになさってください。しっかりとアピールすることで、面接官の印象は大きく変わってくるからです。加えて、もし時間があるなら、スキルアップを考えてみることもできるでしょう。保健師の資格に加えて、精神保健福祉士といったソーシャルワーカーの資格も取得することで、採用される確率を高めることもできます。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<