保健師転職TOP>地域包括支援センターへの保健師転職

地域包括支援センターへの保健師転職

地域包括支援センターとは、高齢者の健康維持と生活を安定させるために必要な援助を行なうことにより、地域に住む高齢者の保険医療の向上と福祉の増進を支援する施設のことを指します。主な事業として、高齢者の介護や健康増進、維持にかかわる総合的な相談業務、支援活動などが含まれます。さらに、介護予防ケアマネージメントを取りまとめることにより、介護予防のための必要な支援活動を行ないます。さらに、高齢者の虐待の未然防止、高齢者が安心して暮らせるための生活支援サポートなどが主な仕事となります。市町村が主体となり地域包括支援センターの管理運営を行なっており、保健師、社会福祉士、ケアマネージャーが従事しています。地域包括支援センターへの保健師転職の場合、公務員として働くことになりますが、外部委託も認可されているため、就業形態は様々です。また、ケアプラン作成のため、パソコンのスキルが必要になります。そのため、ワードやエクセルを使いこなせる保健師の方は有利です。高齢化社会が加速しており、地域包括支援センターの設置数は年々増加の一途をたどっていますから、地域包括支援センターへの保健師転職は引き続き求職者側に有利な状況と言えるでしょう。

地域包括支援センターへの保健師転職をお考えの方にとって、具体的な求人例は気になるところでしょう。宮崎県宮崎市の社会福祉法人宮崎市社会福祉協議会では、地域包括支援センターでの職員募集を行なっています。佐土原地区地域包括支援センターでの運営、介護予防プランの作成などが主な仕事となります。報酬は月額200,000円ほどで勤務時間は午前8時30分から午後5時15分まで、休暇は土日祝日に加えて、年末年始、夏期休暇が設けられています。また、スキルとして、ワード、エクセルの操作が求められています。

さいたま市北区の地域包括支援センターの求人例を見てみると、地域包括支援センターでの正看護師の募集があり、地域支援事業、教室における介護予防講座の運営、介護予防プランの作成等が主な業務内容となっており、勤務時間は午前8時30分から午後5時30分までとなっています。休日はローテーション制を取っているためそれぞれ異なりますが、年間108日の休日が定められています。気になる報酬は月額269,500円から317,000円となっており、そのほかにも各種手当が支給されます。経験者優遇となっていますので、地域包括支援センターへの保健師転職を考えている有資格者の方にとって有利な職域と言えるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<