保健師転職TOP>治験への保健師転職

治験への保健師転職

新薬の安全性や有効性を調査し、確認するための臨床試験を治験と呼びます。製薬メーカーは医療機関と連携し新薬開発に努めていますが、国の認可を受けるまでは通常の薬として患者に投薬することができません。そのため、治験により安全性を確認した後、国の認可を受けることにより初めて医薬品として患者に投薬することができるようになります。治験には治験ボランティアと呼ばれる人たちや、医師に勧められて治験を受け入れる患者が参加をします。この際、治験を受ける人の不安を和らげるため、相談やカウンセリングを行ないますが、こうしたサポートを実施するのに、保健師が活躍しています。

また、治験でサポートを行なう保健師を治験コーディネーターと呼んでいます。治験コーディネーターに求められるスキルは、看護師、保健師、薬剤師、臨床検査技師が含まれますが、それぞれどれか一つの資格を有していれば治験コーディネーターとして働くことができるようになります。さらに、治験の際の患者のデータを管理するため、ワードやエクセルなどのソフトをある程度使いこなせる方が良いでしょう。加えて、治験コーディネーターとして勤務する保健師には高いレベルのコミュニケーション能力が求められます。患者や治験ボランティアの精神的な不安を和らげ、真摯に耳を傾けることが必要だからです。治験への保健師転職をお考えであれば、自分自身が人とのかかわりをどの程度得意とするかも考慮しておくことをお勧めします。

治験コーディネーターの勤務先ですが、SMOと呼ばれる治験施設支援機関に勤務し医療機関に出向く場合と、医療機関に直接勤務するという場合もあります。SMOの主な目的は治験にかかわる医師や看護師の背後支援を行なうことで、医療従事者の負担を軽減するだけでなく、治験の品質を高めることにも貢献します。たとえば、大阪市北区にあるSMO機関では、治験コーディネーターの募集をしていますが、応募資格に保健師、3年以上の臨床経験、高いコミュニケーション能力、PCスキルとしてワード、エクセル、パワーポイントの中級程度の能力が求められています。また、報酬は年俸330万円以上、休暇も夏期、年末年始、産休、育児休暇などが設けられています。勤務時間は午前9:00から午後6:00までとなっており、子育て中の方でも仕事と両立しやすい勤務時間設定が魅力となっています。ですから、既に臨床経験を持っている保健師であれば、転職に有利だということがお分かりいただけるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<