保健師転職TOP>保健師の給料は看護師と比較すると?

保健師の給料は看護師と比較すると?

保健師の仕事と看護師の仕事で、大きく異なるところは、看護師が主に臨床の現場で働く事が多いのにくらべて、保健師は、市区町村、または地域の保健所、学校や企業など、より健康や医療、福祉に関してのコンサルタント的な役割、そして疾病予防に関する相談や折衝業務が多く、事務的な手続きやペーパーワークなどが多くなります。

看護師の仕事に比べて知識のみ、臨床経験が乏しいこともありますが、より広い範囲の仕事をこなすという面では、保健師の仕事の幅はかなり幅広いところがあって、看護師よりもより色々な業務に精通している必要があるといいます。そういう意味では看護師より難しいところもあります。

保健師は、看護師のように当直や残業がないので、そういった点で体力的には看護師よりも楽ですが、精神的には携わっている仕事の種類にもよりますが、かなりタフな仕事になる場合もあるでしょう。それだけの見返りがあるポジションならいいですが、行政機関に勤めているとはいっても、市区町村から委託をうけている民間からの派遣や出向であれば、公務員としての福利厚生はうけることはできませんので、給料自体はその働きに見合わない場合もあるのが欠点です。できれば直接雇用で行政機関に勤めるのが望ましいです。

保健師としての給料水準は、だいたい300万円以上から、600万円くらいと幅広くなっているようですが、それプラス福利厚生がある公務員に比べ、民間からの派遣や契約で仕事をしている人は、それ以上は望めません。看護師に比べて時間的な制約は少ないとはいっても、職種、そして勤め先を選ばないと、昇給なし、そしてボーナスなしなどの状況をずっと続けることになり、そうなると転職を考えたくなりますが、保健師の仕事自体あまり多くない現状では、そのタイミングを逃さないことが大事です。

もしくは派遣でも契約でも、保健師としての職場経験を持つ意味で、まずは一時的に勤めてみて、より条件の良い、給料の良い案件がでてきたら転職するという方法も考えられますが、そう自分の都合のよいように話はすすまないので、まずはあまり給料のことを考えず、職務経験、そして長く仕事を続けられる職場環境の良さ、そして働きやすさで選ぶといいでしょう。

看護師は当直などを含めて、シフトを沢山いれたり、役職がついたりするとかなりの高収入になります。保健師も行政関係、学校や企業などで待遇の良いところに入ることができれば、それなりに満足のいく給料を貰うことができますが、そういった恵まれた人は、そう多くはないのが現状です。比較してみると、当然就業時間の長さや不規則さもありますが、看護師のほうが一般的には給料が高いか、もしくは公務員保健師では福利厚生をいれて、場合によっては高いくらいでしょうか。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<