保健師転職TOP>英語を活かせる保健師転職

英語を活かせる保健師転職

保健師転職先として英語を活かせる職場への転職を考えている方もおられます。英語を活かせる保健師転職の代表例が産業保健師です。外国人を多く採用する企業で保健師として勤務する場合、英語など外国語でのコミュニケーション能力が高く評価されます。大手の自動車メーカーや電機メーカーの大規模工場では多くの外国人労働者を採用している場合も多く、これらの工場における英語を話せる産業保健師の需要は高まっています。近年、フィリピンなどからの出稼ぎ労働者も多く日本国内の工場に勤務するようになりましたから、英語を話せる保健師がいることで、外国人労働者に安心を提供することも可能になります。さらに、外資系企業においても英語を話せる保健師は必要不可欠です。従業員の保健指導や健康管理の際に母語でコミュニケーションを行なうことで適切な健康指導が施すことができます。

さらに、インターナショナルスクールでの保健室勤務も、英語を活かせる保健師転職の場です。東京都内のインターナショナルスクールでは、教員や生徒と英語で意思を通わせることのできる保健師を募集しています。インターナショナルスクール内では標準語は英語となりますから、英語で意思疎通ができる保健師の方には最適の職場と言えるでしょう。東京都内にはいくつものインターナショナルスクールがあります。代表的なものをいくつか紹介しますと、港区三田のTokyo International School、調布市にあるThe American School in Japan、港区元麻布にあるNishimachi International School、東久留米市のキリスト教系のインターナショナルスクールChristian Academy in Japan、世田谷区瀬田のSt.Mary's International School、豊島区池袋のNew International School、渋谷区広尾の聖心女子インターナショナルスクールInternational School of Secred Heart、渋谷区渋谷にあるイギリス系のThe British School in Tokyo、江東区東陽町のTokyo YMCA International Schoolなどがあります。また、東京以外にも日本各地にインターナショナルスクールがありますから、自分の地域にふさわしい学校があるか調べておくことをお勧めいたします。

加えて、保健師は入国管理官としても活躍しています。水際で伝染病を防ぐため、保健師の役割は非常に大きいものがあります。入国管理官として働く保健師は、外国人との綿密なコミュニケーションを図るため高いレベルの英語力が求められており、海外で留学経験を持つ保健師有資格者にとっては魅力的な仕事の一つとなっています。英語を活かせる保健師転職を考えている場合、入国管理官も視野に入れることができますが、公務員試験をパスするために、受験内容をしっかりと把握し、事前に入念な試験対策を講じておくとよいでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<