保健師転職TOP>行政への保健師転職

行政への保健師転職

行政への保健師転職ですが、主に市区町村の役所、役場に加え、県庁や各省庁、国の出先機関などでの医務室勤務が中心となります。業務内容は国家公務員、地方公務員の健康維持、増進などに努めることが中心となり、業務中に発生する事故や病気などにも対応することが必要です。行政への保健師転職の場合、国家公務員、地方公務員扱いとなるため、人気が非常に高いという側面もあります。職員数も、各省庁、市区町村の規模により異なりますから、どれくらいの職員に対応するか、自分自身のスキルに合わせた転職先選びが必要になります。

行政の具体的な保健師募集例の一つ目に、北海道警察本部があります。業務内容は主に警察職員の健康管理、健康増進業務が中心となり、最新の採用予定数は3名と複数枠になります。選考試験内容として、筆記試験、口述試験(面接)、適性検査からなり、勤務先は札幌市、函館市、釧路市、旭川市、北見市の警察署になります。勤務時間は公務員と同じく確実に守られます。午前8時45分から午後5時30分までとなっています。給与は実務経験2年の保健師の場合、月額212,800円で賞与が別途年二回支給されます。受験資格として、保健師としての保健指導2年以上となっているため、保健師転職を考えているキャリア組にふさわしい募集内容と言えるでしょう。また、北海道札幌市役所では保健師職務経験者の募集があります。採用予定数は若干名となっており、複数枠が設けられています。受験資格として、昭和38年4月2日から昭和60年4月1日生まれの保健師で、実務経験が5年以上となっています。試験項目は第一次、第二次と二回設けられており、第一次は筆記試験及びグループディスカッション、第二試験は身体検査、面接、ロールプレイングとなっています。経験者のみの募集のため、行政への転職を考えている保健師の方に有利な条件と言えるでしょう。

さらに、和歌山県では、紀北、紀中、東牟婁での県の出先機関である振興局健康福祉部での保健師募集があります。受験項目は第一次試験が筆記試験及び適性検査、第二次試験が面接となっており、保健師経験者も応募することができます。和歌山県の場合、勤務時間は午前9時から午後5時45分までとなっており、土日に加え、夏期、年末および年始の休暇があります。また、給与体系は、大卒の保健師の場合、月額206,900円となっており、年二回の賞与もあります。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<