保健師転職TOP>保健師の就職先の見つけ方

保健師の就職先の見つけ方

保健師の仕事は、行政機関などではそれぞれの市区町村等のホームページで募集されています。ほとんどは、職務経験のあるベテランや、退職後の嘱託など、保健師の職務経歴をすでに持っている人中心です。ただし、保健師は、学校の養護教諭を除いて看護師の資格をも持っているので、その活躍の幅は広く、さまざまな業務に対応できることから、職務的にはいつもある程度需要がある仕事と言えます。保健師として勤める人の過半数が、行政機関で働いているのです。しかし、その業務は多岐に分かれていますので、それぞれの専門に即した転職をするのが望ましいです。

保健師といっても、最近は、公衆衛生、伝染病や疾病の予防に携わる人のほか、精神障害者や身体障害者などへの福祉や、ソーシャルワーカーと連携をとってそのような方の手続きをしたり、また保健、医療、福祉に関しての広い知識が必要になっているのです。当然かなりやりがいもありますし、人の為、世の中の為に役にたつことができる仕事です。

保健師の就職の際には、行政機関などに就職したり、または最近では企業保健師として産業医や衛生管理者と一緒に、その企業での労働災害、また事故防止、衛生、そしてメンタルヘルスの維持などに努めたり、学校の養護教諭、また保健師として、生徒達が安心して学校生活がおくれるようにその環境を整えるように努めていたりします。目立たないですが、保健師の役割は重要なのです。そしてその豊富な知識や経験を活かして、発展途上国などに派遣され、その国の衛生指導、健康指導や現地医療に携わる保健師もいます。保健師ができることは多く、実際には地区活動レベルではなく、世界規模で勤め先を探すことができるし、やる気のある人は、どんどん将来が広がる仕事です。

一般的には、保健師や看護師の募集をそれぞれの行政機関、非営利機関、企業や学校などの情報を調査することになります。しかし、一番効率がよく、幅広く情報を網羅していると言う点では、やはり転職サイトの情報量は無視できないものがあります。情報も新しく、即座に応募できます。

転職エージェントなども転職をバックアップしてくれますから、一人で転職活動に四苦八苦するよりも、そうした保健師の転職サイトを利用して、より自分に適した転職先を見つける事が出来るよう、努力してみてはいかがでしょうか。まずは、自分がどういった方面に進みたいのかよく考えて、経験を活かしつつステップアップできるような仕事を探しましょう。社会的貢献度も高い仕事ですから、忙しいですが仕事自体の充実度は高いはずです。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<