保健師転職TOP>保健師の時給換算はどれくらい?

保健師の時給換算はどれくらい?

保健師の年収というのは、かなり幅があって、派遣や契約社員、または非常勤で働いている場合は年収300万くらいから、行政機関や企業などで正社員で働いている人では、400万から600万くらいですから時給換算するとだいたい1500円から3000円くらいになるでしょうか。もちろんその業務や役職にもよるでしょうが、平均的にはこれくらいになります。

公務員の場合は、昇進などはありませんが、長く勤めることができるのと、福利厚生などがいいので、保健師として働き出すと、そのポジションに長くとどまることが多いでしょう。女性にとっても、出産、育児休暇などの待遇が恵まれている保健師、とくに行政機関で働く保健師は魅力ある仕事のはずです。

社会や人の為に役にたっているということ、それによって報酬を得ることができ、また専門職のために一生続けることができる、なおかついざとなったら看護師へも転職可能という保健師のメリットは多いはずです。デメリットとしては、募集が少ないので保健師として勤めることができるのは、ある程度の能力とタイミングが必要なことです。

保健師としては臨床経験があったほうがいいので、大体の募集では、看護師として働いた経験がある人を優遇していますが、それは絶対条件ではなく、新卒で保健師になった人もいます。ただし、臨床経験がない分、一生懸命学ぶ姿勢は大事になります。行政機関では、保健師の募集に関しては非常勤を除いて年齢制限があるので、少なくても30歳になるまでの保健師として働く意欲をもっていないといけません。30歳以降になると正社員での募集は少なくなります。もちろん民間ではその限りではないし、行政でも年齢制限がそれ以上になっているケースもあるので、いちがいにはいえませんが、チャンスがあったら入る、くらいの素早い行動力は絶対必要だと思います。

保健師という仕事は、看護師に比べて、時間的に余裕が持てる、つまり残業がなく、土日が休めて当直などがないので、体力的にしんどくなってきて非常勤やパートへの切り替えを考えている看護師さんの転職先として人気がありますが、保健師の案件がでたらすぐに応募するくらい熱心に転職活動をする、もしくは転職エージェントで、案件がでたらすぐに連絡を貰うくらいにしておかないと、すぐに決まってしまう程狭き門です。看護師業務で忙しく、転職活動にそこまで時間を割く事が出来ない、どうしたらよいか分からない時は、医療関係、看護師、保健師の専門転職サイトを利用してみてください。きっと保健師転職の役にたつ筈です。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<