保健師転職TOP>保健師の仕事内容は?

保健師の仕事内容は?

保健師の仕事内容は何が含まれるのでしょうか?まず保健師は主に三つの分野に大別できます。一つは国や地方自治体で勤務する行政保健師、さらには学校の保健の先生として勤務する学校保健師、そして企業内の医務室で働く企業保健師です。基本的な業務内容は、勤務する地域や学校、企業に勤める人々の健康管理と健康指導、健康維持活動が主になります。さらに、市民や学生、教職員や従業員の健康維持に努めるために、広報や機関誌を発行したり、講演などの啓蒙活動を行なったりもします。

保健師の仕事内容の一つに行政保健師がありますが、行政保健師とは各省庁や国の出先機関、都道府県庁、市区町村などの保健施設、保健センター、保健所などに勤務する保健師のことを指します。これらの人は国家公務員もしくは地方公務員の身分を得ることになります。保健センターで勤務する保健師は、各市町村に居住する人々の健康維持、増進に努めることになり、老人の保健医療、母子の健康維持管理などを行ないます。

さらに、新型インフルエンザをはじめとする伝染病を未然に予防するための予防措置もとります。さらに、健康セミナーや健康相談、健康診断などを行ない、病気を未然に防ぐ役割を担います。また、省庁や県庁、市町村で勤務する保健師は保健業務に関連した事務的な仕事も行なうことがあり、その場合、通常の公務員と非常に似ている書類の整理、管理、情報入力などの作業を行ないます。続いて、保健師の仕事内容の二つ目の分野に学校保健師がありますが、学校保健師は、学校で働く教職員、および生徒の健康維持、健康管理、健康促進活動を行ないます。保健の先生と呼ばれるのは学校保健師のことを指します。学校保健師は校内の保健室に勤務し、生徒や教職員の急病やけがなどにも対応します。さらには、健康維持活動の一環として校内広報の発行や講演なども行ないます。

最後に保健師の仕事内容として、産業保健師という立場があります。産業保健師とは企業内医務室に勤務する保健師のことで、従業員の健康増進、健康管理、指導を主に行ないます。たとえば社内健康診断の実施や計画の策定、従業員の健康増進を図るための機関誌の執筆や講演活動などを通して健康維持に関する啓蒙活動を行ないます。特に大規模な事業所で勤務する産業保健師は複数採用される場合があり、数千名もの従業員の健康管理を担うこともあるので、その責任は非常に大きいことがわかります。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<