保健師転職TOP>健康保険組合への保健師転職

健康保険組合への保健師転職

日本では国民皆保険制度のため、すべての国民が何らかの保険制度に加入する必要があります。国が定める保険制度には大きく分けて三つに分かれます。1.国民健康保険 2.社会保険 3.共済保険です。この3つの保険制度のうち、社会保険は企業が加入する保険制度のことで、サラリーマンの方は基本的に社会保険に加入します。この社会保険のうち、企業が単独で管理運営するものを組合管掌健康保険と呼んでいます。企業が単独で社会保険を運営する基準としては従業員700人以上の基準が設けられており、複数の企業が共同で保険組合を設立するためには加入数3000人以上と定められています。こうした基準に満たない中小企業などが加入する保険組合を協会けんぽ(全国健康保険協会管掌健康保険)と呼んでいます。さて、これら社会保険協会でも保健師が活躍しているため、健康保険組合への保健師転職をお考えの保健師の方もおられます。

具体的な求人例の一つに、横浜市中区山下町33にあるトヨタウエインズグループ健康保険組合があります。トヨタウエインズグループとは神奈川県のトヨタ販売会社をはじめとする企業体のことです。業務内容は主に被保険者への保健指導、健康保険組合の一般事務となっており、保健師有資格者の募集を行なっています。また、経験者が優遇されるため、健康保険組合への保健師転職を目指す人にとって、良い選択肢の一つと言えるでしょう。勤務時間ですが、午前9:00から午後5:25までとなっており、報酬は月額最大325,000円、賞与は年二回で1.5か月から3か月分となっており、最大で年俸500万円ほどにもなります。また、休暇は日曜、祝日、年末年始、ゴールデンウィークの休暇、さらに夏期休暇となっており、育児休業も取得可能です。

また、富山県富山市奥田新町8-1ボルファートとやま6Fにある全国健康保険協会(協会けんぽ)富山支部では、保健指導を行なう保健師募集を行なっています。業務内容は主に協会けんぽ加入の県内の事業所を訪問し保健指導を行なうことに加えて、文書による保健指導が主な業務内容になっています。また、自宅を拠点として事業所訪問を行なうこともありますから、運転免許が必要になりますが、自宅からの直行直帰も可能です。経験として保健指導従事経験のある保健師が優遇となっているため、健康保険組合への保健師転職を考えている方には有利な条件と言えます。報酬は月額236,000円から278,400円となっており、自宅から事業所へ移動する際の交通費などの手当ても別途支給されます。ライフスタイルに合わせた仕事をしたいと考えている保健師の方には生活プランが立てやすい職場の一つと言えるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<