保健師転職TOP>保健師の就職先の種類は?

保健師の就職先の種類は?

保健師の就職先は、まずは市区町村などの行政機関、保健所などがあるでしょう。ここで、保健指導や介護問題、疾病予防、そして労働相談やメンタルヘルスから母子の健康など、あらゆる業務に携わります。しかし、そうした幅広い業務のわりに、保健師の採用数は少なく、現場でも人員が多くないので、十分な研修などをしないで自分で学んでいく姿勢、そして即戦力が求められるようになるといいます。看護師のように時間が不規則な職場ではない反面、色々な業務をこなし、幅広い知識が必要となります。

他にも、学校保健師や産業保健師として就職することもできますが、まずはそのポジションが出ないと求人することはないので、定着率の高い保健師の仕事で、新卒で就職できるのは、かなり運がいいか、タイミング次第というところがあります。看護師さんは看護師、保健師さんは保健師とした一貫したキャリアがあり、また保健師になってから看護師という経歴は少ないので、実際には臨床経験のない保健師さんは多いのです。

公務員で保健師として働いていると、待遇やお給料も悪くはないし、その上休日もしっかり休める、定時にあがれることがほとんどとあっては、わざわざ激務で知られている看護師への転職をする気にもなれないでしょうし、また看護師へ転職するとしても資格よりは、実務経験重視なので、看護師として転職するにも制限がでてきます。

最初に保健師として仕事をするときめたら、まずは就職先の情報を集め、可能な限り多く応募してみてください。行政機関の採用情報は頻繁に更新されますし、そのキャッチアップは怠らないようにしましょう。毎年は保健師を募集していない市区町村も多いことなので、空きができるまで待つか、企業、学校、医療施設など、別の可能性を求める必要があるかもしれませんね。

まずは保健師としてどういった就職先があるのかを良く確認すること、そして自分はどの分野で活躍したいのか、待遇はどれくらいか、職場環境は、通勤できるか、将来性はどうかなど様々な部分を比較検討して、保健師になることを検討しましょう。看護師の資格もあるのですから、あせることはないはずです。

保健師は資格というより、現場で働き出してから色々な知識や方法を身につけることが多い仕事です。就業してからも継続的に勉強しつづけないといけないし、保健師としての役割もあります。しかし、保健師として就職した人の仕事の満足度というのはかなり高いといいますから、人の為になり、なおかつやりがいがある仕事であるのは間違いなさそうです。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<