保健師転職TOP>大規模工場への保健師転職

大規模工場への保健師転職

モノを作るということは、勤勉な私たち日本人の特性にもっとも適した仕事のカタチでもあります。一時期世界を席巻するほどであった日本の「工業」は、現在でも廃れることなく各地で展開されています。新しい製品を開発したり発明したりすることと、それらを正確に量産することはまた違う次元の仕事になりますが、もっともリソースが必要なのは、実際に「作る」ということです。同じ工数でどれだけ多くのものを作ることができるのか、同じ時間を維持しながらどれだけ正確にモノを作ることができるのか、日本の工場はそれらの工夫に長けていて、これまでも多くの製品を量産し、世界に発信してきました。

そのような工場のもっとも重要なリソースは「人」で、近代になりさまざまなオペレーションが機械化されても、絶対に外せないものは人間の判断です。品質の管理や工程の管理、さまざまなところに人の「目」が入ることになります。作業によっては、機械では到底至らない作業も存在しており、人が持ち合わせた繊細な技術によってのみ成立する作業もたくさんあります。大規模工場への保健師転職案件では、そのような製造に関わる最重要のリソース、「人」に対しての仕事を行うことになります。

働く人が健康を維持しているということは、ビジネスマネージャーにとってみればもっとも効率が良くなるために不可欠な要素です。体調が悪ければ効率が落ちるのは当然ですし、無理を続ければ最悪「事故」の発生も懸念されます。事故が起きてしまうと、製造ラインを停止せざるをえなくなります。それがもっとも憂慮すべきことで、必要な納期、必要な工期に対して遅れてしまうことが考えられます。

求められる品質のものを求められる数量、求められる時期に納入するのが工場の最大責任になるのですが、それを実現するためには、従業員の健康管理は欠かすことができない要素になります。ですから、予算を投じてでもその維持に務めるのが工場を管理する立場の責任です。大規模工場への保健師転職で求められているのは、従業員の健康管理だけではなく、「懸念される要素」を発見した場合には即座に連絡すること、そして対処方法を検討して連絡することが挙げられます。

組織としてビジネスを成立させるためにとても重要になるポジションでもあり、「大手に就職できたから安泰」と言っている暇はないのが大規模工場の保健師です。福利厚生や勤務条件などが一般企業のそれに準じるため好条件であることが多いのが魅力ですが、その分責任も大きいと言えます。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<