保健師転職TOP>男性の保健師はどんな仕事が多い?

男性の保健師はどんな仕事が多い?

最近多くなってきたとはいっても、まだまだ男性の看護師の絶対数は少なく、看護師のほぼ延長線上にあるといえる男性の保健師は、女性の保健師にくらべて数は少ないです。しかし、看護師、保健師という呼称が、男女統一されていることからも分かるように、現在では男女の性差をまったく気にしないで、看護師、保健師になることができます。現場作業で力作業に強い男性看護師や、より地域のこと、企業、学校で体力的にも知識的にも幅広いサポートをすることができる男性看護師、もしくは保健師は、これからどんどん人気が高まっていくのではないでしょうか。

行政としても、企業としても、非営利団体、もしくは学校法人なども最近は保健師を置いて、従業員や生徒の様々な健康の悩みや、トラブル解決、健康上のアドバイスをしてくれる人を求めています。企業での過重労働、そして家庭、職場で問題を抱えていてもその悩みを相談できない人が多くなり、そのストレスから病気を引き起こしていく人が後を絶たない中、保健師を施設ごとに設置することは、疾病予防、労働者、もしくは生徒などがよりよい環境、そして身体の健康を保って過ごせることにつながります。これは大企業や、大規模な規模の施設になるほど、それぞれの人員に能率よく働いてもらう為には必要不可欠なことです。

元々女性が多い職場だとしても、男女が同じくらいの割合でいれば、学校などでの相談役として、思春期の子供などは、同性のほうが話しやすいこともあるでしょうし、当然老人でも同性のほうが相談しやすい内容などもあるので、本当は、男女が同じくらいで活躍しているほうが望ましいです。

そのように考えると、全国的にみて、男性の保健師はまだまだ人数が不足していることは事実で、看護師を含めて、これからの養成、そして、保健師という職業に興味を持ってもらうことが大事になってくることでしょう。

看護師のように、病院や医療機関だけではなく、社会に広く貢献できて、色々な人との出会いもあり、地域社会やその機関に積極的にかかわっていくことができるというやりがいもあり、保健師という仕事は男性にも魅力があるでしょう。

ただし、保健師の求人は少なく、行政機関などは、ほぼ採用に関しては年齢制限もあるので、臨床経験などを悠長にしていると保健師の採用の年齢制限に引っかかってしまうことにもなりかねません。保健師になるには、すでに学生の時から、将来保健師になることを決め、早めにキャリアプラン、そして保健師になれるチャンスを狙っていた方が確実でしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<