保健師転職TOP>精神保健師への転職

精神保健師への転職

ストレス社会の増大により、精神的な病を患う方が増加しています。最近の調査によれば、日本人の8人に1人が何らかの精神的な病気を抱えているというデータがあり、こうした病と闘う人々をサポートするための社会的基盤を整えるのが急務となっています。そのため、国は1997年に精神保健福祉士という資格を新たに設けました。精神保健福祉士はソーシャルワーカーの国家資格のことで、精神保健福祉士の英語名Psychiatric Social Workerの頭文字をとってPSWとも呼ばれます。精神保健師への転職を考えている場合、保健師の資格に加えて、精神保健福祉士の資格取得を考慮に入れる必要があります。現在、日本全体では57,000人ほどの人が精神保健福祉士の資格を取得しています。

精神保健師への転職先として、各医療機関があります。精神科病院や総合病院の精神科、精神科を扱う個人開業医やクリニック、さらにはデイケアセンターでの業務を担います。しかしながら、精神保健福祉士は患者への治療は行わず、医師と連携し支援を行なうというのが主な役割です。さらに、生活支援施設におけるソーシャルワーカーとして仕事の一端を担うこともあります。精神的な病を克服し、社会復帰を目指すためには、様々なトレーニングが必要となります。そのため、患者と向き合い必要なカウンセリングを行なったり、社会復帰に向けた人間関係の構築の一助となったりと、精神保健師の仕事内容は多岐にわたります。さらに、地域社会の精神衛生を向上させるため、ボランティアの養成を行なうといった教育を他の人に施すことも精神保健師の役割となります。

また、精神保健師の転職先として、精神保健福祉士は福祉行政を司る行政機関で公務員として働くこともあります。国をはじめ、全国の各地方自治体も精神保健福祉に注意を向け、ストレス社会に対応できる福祉政策を実施しています。具体的には、精神的な病と闘っている人々を支援するための社会復帰プログラムや、リハビリテーションなどのサービスがあります。このような場においても精神保健福祉士は大きな役割を担います。また、現状についての状況分析を行なったり、前述の社会復帰プログラムの計画を立てたりといったプランニングも精神保健福祉士の役割の一つになります。さらには地域社会全体が精神福祉に注意を向けられるよう啓蒙活動を行なう面でも精神保健福祉士が講演活動を行なうなどの重要な役割を担います。さらに学校では学生たちが精神保健福祉を認知できるようにするための教育活動も行ないます。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<