保健師転職TOP>保健師と助産師の違いは?

保健師と助産師の違いは?

保健師と助産婦の違いですが、保健師資格と助産婦資格はそれぞれ別個の国家資格となり、資格取得に向けた道のりもそれぞれで異なります。まず、主な仕事内容の違いですが、保健師は健康の維持、病気を未然に防ぐ健康指導が主な仕事になります。一方、助産師は妊娠や出産に関わる仕事を指します。

加えて、就業形態についても大きく異なります。保健師は行政保健師として、主に市区町村の役所、役場に加え、県庁や各省庁、国の出先機関などでの医務室勤務に携わります。また、学校保健師は校内の保健室に勤務し、生徒や教職員の急病やけがなどにも対応します。さらには、健康維持活動の一環として校内広報の発行や講演なども行ないます。そして産業保健師とは企業内医務室に勤務する保健師のことで、従業員の健康増進、健康管理、指導を主に行ないます。

一方、助産師の勤務先は、産科婦人科のある病院や診療所、保健所での勤務となりますが、経験を積むことで個人で助産院を開くこともできます。さらに、助産師は女性の妊娠、出産の各時期における健康指導や監督、メンタルケアなどを行ないます。加えて、学校での出産介助実習に立ち会ったり、女性が妊娠から出産に至る経緯の説明や、命の尊さに関する授業を主催したりするなどといった、社会的な啓蒙活動にも従事します。日本の場合、保健師は男性、女性ともになることができるのに対し、助産師は女性のみという制限があります。

資格取得に至る道のりも異なります。保健師は4年制の看護系大学もしくは学科卒業後、保健師資格試験をクリアするか、短大、専門学校卒業後に看護師の資格を取得し、保健師養成施設に入校した後、保健師試験を通過することで資格取得ができます。助産師は、4年生の看護系大学もしくは学科卒業後、助産師試験を通過するか、もしくは短大、専門学校卒業後に看護師の資格を取得し、助産師養成施設に入校後、助産師試験をクリアすることで資格が得られます。

共通して言えることとして、保健師、助産師ともに看護師の資格を有していますから、どちらも看護師の資格に加えて得ることのできる資格と言えます。つまり、保健師であっても、助産師であっても、病院やクリニックで看護師として就業することが可能です。また、保健師になるか、助産師になるかについては自分の将来の希望によって異なりますし、命の誕生の瞬間に立ち会える助産師は女性の特別な権利の一つということもできます。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<