保健師転職TOP>保健師のスキルアップは?

保健師のスキルアップは?

保健師のスキルアップはどのようにして図るのでしょう?今従事している保健師業務の内容によって、スキルアップを図れる分野は異なります。たとえば、産業保健師として働いておられる保健師の方であれば、産業カウンセラーと呼ばれる資格を取得することも考えることができます。

産業カウンセラーとは、日本産業カウンセラー協会により認定される民間の資格のことです。かつては公的資格とされていましたが、今は民間に移されています。ストレス社会の増大により、職場の人間関係や雇用問題などでストレスを抱える従業員は多く、うつ病などの精神的な病は社会的な病気の一つとして蔓延しています。こうしたストレス社会を生き抜き、従業員が生きがいのある仕事を行なえるようサポートするのが産業カウンセラーの役割であり、産業保健師が産業カウンセラーの資格を取得することで従業員のメンタルヘルスを向上させるための一助となることができます。

この資格により得られる技術として、カウンセラーとして良い聴き手となることができるというメリットがあります。メンタルな部分で問題を抱えている従業員たちは心の中に、ストレスの要因となりうる原因を抱え込んでいる場合が多く、そのことを吐き出せずにいることで、精神的な病を患ってしまうこともあります。ですから、相手の考えに同調したり、共感したりすることで、相手の良い聴き手となり、心の中にあるものを徐々に汲み取るのが産業カウンセラーの役割でもあります。加えて、適切なアドバイスや、慰めなどを与えるのも役割に含まれます。そのため、高いコミュニケーション能力と、相手の自尊心を尊重しつつ信頼感を得る技術が必要になります。

さらに、行政保健師をして従事している保健師の方であれば、健康運動指導士と呼ばれる資格を取得することでスキルアップを図ることができます。健康運動指導士とは、保健所や保健センターなどで、地域の人々の健康を維持するための適切な運動メニューを立案、指導する人のことです。運動やトレーニングが好きな保健師の方であれば、ぜひ取得しておきたい資格の一つです。資格取得に向けては、健康運動指導士養成講習会を180時間履修するかもしくは健康運動指導士養成校での養成講座を履修した後、試験を受け合格すれば習得することができます。さらに、保健師の場合は講習単位120単位のうち61単位が免除されますから59単位の履修で受験資格を得ることができます。保健師のスキルアップとして最適な資格の一つと言えるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<