保健師転職TOP>保健師になるには

保健師になるには

保健師になるにはどのようなプロセスを踏むのでしょうか?保健師になるための道のりは決して簡単ではありません。まず一つ目の方法として、高校卒業後、看護系大学、もしくは看護学科のある4年生大学へ進学する方法があります。もし保健師になりたいと思うなら、大学在学中に保健師に関する科目を履修する必要があります。その後、保健師の試験をクリアすれば保健師になることができます。これが一番の近道と言えます。

2つ目の方法として、看護学科を含む短大もしくは専門学校へ進学する方法です。短大、専門学校へ進学したのちに保健師資格を取得する道は二つあります。その一つは3年次に4年制大学へ編入する方法です。その後、保健師の国家試験を受けたのちクリアすれば保健師の資格を取得できます。この場合、保健師資格を習得できるまでの期間は最短で4年ということになります。もう一つの方法は、短大、専門学校卒業後に看護師の国家試験を受け、その後看護師資格を取得し、それから保健師養成施設に入校したのちに保健師の国家試験を受ける方法です。保健師になるには、この場合もやはり高校卒業後、4年以上の期間がかかることがわかります。興味深い点として、保健師の資格は看護師の資格にさらにもう一つ資格が加えられていることがお分かりいただけると思います。つまり、保健師は看護師としても勤務可能だということです。

3つ目の方法は高校卒業後、准看護師養成所を経て保健師の資格取得を目指す方法です。2年間の准看護師養成を経たのち、准看護師試験をクリアすると准看護師の資格が得られます。その後、正看護師の資格を取得する必要がありますが、そのために看護師学校、看護師養成所への進学が必要になります。看護師学校は2年もしくは3年の期間となっており、卒業後看護師の国家試験を受け、看護師資格を取得します。その後の流れは短大、専門学校卒業後の課程と同様で保健師養成施設へ入校し、その後保健師の国家試験を受験し、通過したのちに晴れて保健師として働くことができます。

この場合も高校卒業後最短で4年以上の期間が必要になります。また、通信教育で看護師養成所に通うこともできますが、この場合は10年以上の実務経験を有する准看護師となっており、仕事を始めたのちにキャリアアップを図りたいと思う場合、これまでの実務経験の年数を振り返ってみる必要があります。いずれにしても、保健師になるには道のりとして高校卒業後4年以上は必要だということがお分かりいただけるでしょう。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<