保健師転職TOP>精神保健福祉センターへの保健師転職

精神保健福祉センターへの保健師転職

精神保健福祉センターは各県に設置されています。政令指定都市に設置されていることが多く、一般的な診療所や病院と比べて、施設の数自体が少ないことが最大の特徴です。その仕事は、精神疾患に関連した福祉に関する相談に乗ったり、その都道府県での精神疾患の統計データを調査したりすることで、その最大の目的は、精神保健の向上、そして精神障害者の福祉の増進にあります。ですから、実際に精神障害の方に接して介護を施すのではなく、よりマクロな視点で最適なことは何なのかということを探るための仕事になります。

大命題として掲げられている仕事は、精神障害者そのものに対する知識を啓発していくことで、そして、精神障害者に対する福祉のあり方を啓発していくこと、さらには、社会が抱えた実態の調査、それを通じてより最適な福祉の研究があります。ストレス社会とも言われる現代では、誰もが精神的な問題を抱える可能性を持っています。さまざまな精神疾患がありますが、思考は正常でも、どうしても日常生活を送ることができなくなってしまうということも考えられます。そのような方々に対して適切な社会にしていくことが使命です。

さらには、精神保健的、精神障害者に対する福祉にとって複雑なもの、実践が困難なケースの相談も引き受けることになります。ですから、精神保健福祉センターへの保健師転職求人では、より高度な精神疾患や精神障害に対する知識と経験が望まれます。それまで精神科で経験を積んできたような方にとっては、実力を発揮できる良いフィールドになります。

しかも、その仕事のレベルは「ひとりの患者さん」ではなく、管轄する地域全体に広がります。よりよい社会、より精神障害者に対して優しい社会を創るための仕事であり、とてもやりがいのある仕事です。なかには事務仕事もありますが、それも「精神疾患のオーソリティ」としての役割が求められる仕事になります。精神障害に対する専門機関として、そのエリア全体を改善していくための仕事であり、マクロな視点から自身の経験を反映させることができるポジションです。

実際に患者さんに関わることは少ないとはいえ、調査のために接する機会はたくさんあります。自身が現場にいた際に感じていたことと等しいのか、それとも地域が違えば状況も違うのかを、仕事を通じて知ることができます。もちろん、「予防」もセンターの仕事で、そのような精神疾患にかからないようにするということも仕事の目的のひとつです。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<