保健師転職TOP>保健師の仕事のやりがいは?

保健師の仕事のやりがいは?

保健師の仕事は、行政、民間の区別なく、病気の治療というよりはその前の予防についての指導が多いので、実際に臨床で看護師の経験がなくても保健師になることができます。看護師は治療現場で、患者の命をあずかる大事な役割がありますが、保健師はそれとは別により広い範囲の仕事を求められていますから、様々な業務を迅速に、そして正確にこなし、ときにはオフィスワーク、ペーパーワークなどを扱う能力も必要となってきます。

看護師や医療補助行為が主で、行為自体が重要であまりコミュニケーションを多く取る事が少ないのに対して、保健師はまず人とのコミュニケーション、話を聞く事、そして分かりやすく話して理解してもらう事がメインになるので、その点も看護師とは大きく異なる点でしょう。

看護師も保健師も人の役にたつ大切で重要な仕事ですが、看護師が現場の忙しさに気を取られて、それぞれのケース、患者に多くの注意を払えないことがあるのに対して、保健師の場合、クレーム対応などの場合も多いものの、健康や保健に関する指導、アドバイスをすることで、感謝してもらえる、そしてよいフィードバックを肌で感じることができるという点ではかなりやりがいがあるという人が多いようです。

もともと行政保健師というポジションが恵まれているということもありますが、そうした人の役に立てる、感謝してもらって人に喜んで貰えるということで、派遣や契約などの安いお給料でもやりがいを感じ、保健師として働いている人は多いようです。仕事はその待遇だけではなく、やっていて面白いか、意義のある仕事かどうかもどうやら大事なことのようです。

保健師になっている人の殆どがその仕事にやりがいを感じ、何かしらの問題はあるけれどもおおむね満足していることがその仕事のやりがいを示しているようです。だからこそ保健師の仕事はなかなか空きがでないのでしょうし、専門職としてその知識の研鑽をしたり、新しい出会いによる刺激があって保健師の仕事に飽きることはそうなさそうです。

これから保健師になろうとしている人は、臨床経験があったほうがおそらくは適切なアドバイスや医療補助行為ができることでしょうが、まずは保健師になると決めたら、こまめに転職サイトなどを利用して、つねに情報を集めておくこと、そしてまずは職場に入ってみて、習うより慣れるという感じで仕事に慣れていったほうが早く保健師としてのやりがいをもてるようになるでしょう。どんな仕事でもやりがいをもって毎日の仕事に取り組める、楽しくできるというのは、幸せなことです。



保健師転職サイトランキング!人気No.1はココだ!

ナース人材バンク

>>保健師が転職するなら登録必須!保健師向けの転職サイトランキング<<